徒然日記

コミックファンタジーは年二回しか出ないから、忘れられないようにみんなで日記を書くよ。
(交代で週1回を目標に頑張るのでヨロシクね)

2015.06.19 Friday

「百日紅」見てきたよ。三日月電波


どもども。
遅くなりました。
三日月電波です。

映画「百日紅」(さるすべり)見てきましたよ。
葛飾北斎と娘、お栄の親子の物語でしたね。

絵は異形の精霊たちを封じることなのだ。
という解釈の元に物語りは進められているように感じられました。

それゆえ、北斎がとらえ所のないこの世とあの世の境を見るシャーマンっぽく設定されており
娘、お栄がその存在に追いつこうと努力する。
本来なら師に追いつこうとする弟子の物語のところに
盲目の妹が出てきて不思議な味わいを出している。

絶対的な存在である父である葛飾北斎。
しかし、彼にはその絵という特化した才能のため弱点が出てしまう。
盲目の者には本領を発揮できないのだ。
それゆえ、末娘「こと」に、どう接してよいか分からない。

お栄は、父のその態度をなじる。

お栄は、末娘「こと」に懐かれており
そして、可愛がっている。
不思議な三すくみの状態が生まれます。

北斎は意を決して末娘と向き合うが
なまじ異界をとらえるほどの目を持つために末娘の短い寿命まで見えてしまう。

結果、彼は無言で魔よけの絵を描いて末娘に送る。
お栄がそのことを嬉しそうに受け止め、盲目の末娘にも伝わる言葉を選び
魔よけの絵の意味を伝える。
末娘は、よく意味は分かっていないようだが、解説を聞き何度もうなずくのだ。

父の愛情を娘が橋渡しする。
あのシーンが記憶に強く残っています。

全体的に、いい雰囲気の映画なのですが
何か、全体的に急ぎ足で作った感があるところが残念。

でも、人の作品批評するのは楽でええわ〜。
と、思う今日この頃。







 

05:09 | - | - | - | - | - |
2015.06.11 Thursday

夕刻の爆睡


図書館の仕事は、肉体労働です。
本は重いし、お客様を待たせてはいけないと、いつも小走りです。そんな事からか、家に帰ると家事そっちのけで、爆睡をしてしまいます。この頃、酷くなっているように思います。これは季節のせいでしょうか、加齢のせいでしょうか‥‥。いやはや。

昨日、彫ったばかりのぼうやです。生意気そうで可愛いでしょ?


22:25 | - | - | - | - | - |
2015.06.08 Monday

よこやまかずえ、です。


こんにちわ!
編集長にご紹介いただいた、よこやまかずえです。はじめまして、と言いたいところですが、そうではないですね〜(笑)。

コミックファンタジーの執筆メンバーになることを、夢見たのは10年前。10年かかってようやくここにいると思うと感慨深いものがあります。今とても幸せです。

今現在は、漫画を描いておりません。自分的にやりきった感を持っております。あんなもので?と思われるかもしれませんが‥‥。面白い世界を覗かせて貰った、そんな苦いような爽やかなような気持ちでおります。

それで今何をしてるかと言いますと、図書館で働きながら絵を描いています。厳密に言うと、木を彫った人形を並べて写真を撮っています。人形の後ろに手描きの背景を描いてみたり、ちょっとしたセットを作ってみたり、照明を工夫してライティングしてみたり‥‥。一人で劇団ごっこをしている感じです。なので最近は『劇団ひとり』という名前が羨ましくってなりません。近いうちに、編集長がイラストギャラリーに作品をアップしてくれると思いますので、どんなものか覗いてみて下さい。

この写真は、メイキングです。木なんて彫ったこともない素人ですから、かなり無茶苦茶な創作状態です。無茶苦茶すぎて笑いが止まらない感じが、面白いです。このクマの目を入れる時も、笑いで手が震えて仕方がなかったです。すっげー邪悪な目ですよね?

そんな感じで、現在はとてもリラックスした創作をしています。今週は日記当番なのでちょこちょこ書かせていただきたいと思っています。どうぞ皆様、よろしくお願いします!


08:08 | - | - | - | - | - |
2015.06.07 Sunday

新 執筆メンバーのご紹介


新しい執筆メンバーをご紹介します。
よこやまかずえさん です!
よこやまさんは、CF4号(2004年12月刊)の「ますむらひろしコミック大賞」で佳作入選され、以後7号まで連続3回佳作入選されました。その後、「ビッグコミック」新人賞で入賞され、同誌でプロデビューされました。家族がテーマの諸作品で人気を呼び、別冊「ゴルゴ13」にも連続して掲載されました。非情なゴルゴの世界に、ほっこりした味わいのよこやま作品が併載されると、不思議な化学反応が生じ、何かシュールな世界に変化するのがとてもおもしろかったです。
最近はイラストに集中し、CFデジタル版で毎号新作を披露してくださっているのは、ご存じの通りです。
Cf執筆メンバーの資格内規は、CF大賞受賞者または、プロデビューされている方、とさせていただいております。
近々「徒然日記」デビューもしていただきます。
よこやまさん、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

13:55 | - | - | - | - | - |
2015.06.04 Thursday

お久し振りです。竹原です


かなり、お久し振りになっています。
竹原です。

最近のわたしはデザインフェスタギャラリー原宿で
企画展『少女展』に参加させて頂いていて、原宿にせっせと
通う日々を過ごしています。

原画とポストカード、自費出版した漫画本などを持っていっています。

原宿という街は若いエネルギーがいつもギラギラしていて
そのエネルギーに若干当てられて今日は発熱してしまい、在廊を
休んで自宅でぐったりしています。

あと人混みはいつまで経っても慣れません。
昨日はゲロ吐く寸前でくたくたになって帰宅しました。

『少女展』は6月6日まで開催されます。

http://www.designfestagallery.com/

お暇があれば、遊びにいらしてみてくださいませ。


漫画は今年に入って全く描いていません。

絵のことをやっていると漫画のことがいつもちらつきます。

人によっては、絵のほうが成功する、という人もいれば
あなたはやっぱり漫画だよ、という人もいて
最近は混乱気味なんです。

わたしとしては、どちらもバランスよくやっていきたい・・・・

最近の悩みです。






 

13:52 | - | - | - | - | - |
2015.05.30 Saturday

床屋いらず


昨年家族になった猫、マオ。

それまでの子と違い、無類の甘えっこ。

4キロ越えした今でも抱っこが大好き。

可愛いんですが…ひとつ困った悪癖が。

人の髪の毛フェチなんです…

はじめは毛づくろいしてくれてるのかなあ?と思ってたんですが、

じょりっ!って音が…そして髪の毛の束が下に落ちてきた\(@@)/

うわあああ〜!こいつ髪の毛喰ってるよ!

起きてるときは阻止できますが、寝てるときを狙われては防ぎようがない…

かなりじゃきじゃきに切られて

しかたなく髪をショートカットにしました。

この攻防戦は今も続いています…(−−。)

19:08 | - | - | - | - | - |
2015.05.27 Wednesday

まだ夏じゃないのに


ご無沙汰しております、小野です

真夏のような暑さが続いていますね・・・

皆さまお体にじゅうぶんお気を付けください、私はもう夏バテしています…

今ちょこっとやってる仕事が外歩きが多いので

この夏を乗り切れるかどうか自信がありません(==。)

でもなんとか頑張ろう…ウチのぬこ達の為に!

猫が居るから生きていける、そんな日々を過ごしております。

23:03 | - | - | - | - | - |
2015.05.23 Saturday

ボンヤリ生きてすみませんの続き


描かれた年齢に衝撃といえば杉浦日向子です。映画のポスター見て思い出しました。

「合葬」「百日紅」「風流江戸雀」

この徐々に小出し感は完全に、いい女の犯行かとおもいます。

これ全部20代で描いてるなんて、一体ぜんたいどういう人なんでしょうか?

いい女はなぜ、登場の瞬間からすでにいい女なんでしょうか。
 

そういえば高校の頃、心の年齢が周りの平均よりひとまわり高いんじゃないかという同級生がいました。みんなを一歩引いたところから見守っているみたいな子でした。

私は一緒にいて安心できるような友達と慣れ合うだけで、その圧倒的お姉さんな同級生に遠い目で憧れているだけでした。

今になって後悔しているのは、もっとその子にうちとけてみれば良かったです。

万が一彼女に嫌われたとしても、自分の未熟さに失望するリスクを負っても、そうするべきだったのです。

だいぶ後になってから、早熟な名作を読んだりして、一歩引いた場所から物事を見られる人にはかなり色んなものが見えてるってことがわかりました。
ボンヤリ生きてすみません。

こういう作品読んだ感想、だいたいこんなかんじです。

 


07:41 | - | - | - | - | - |
2015.05.22 Friday

要するに「ボンヤリ生きてすみません」ということが書いてあるだけの日記


毎週水曜日にアニメ「ベルサイユのばら」を再放送していて、ずっと前に読んだなーと思いながら流し見していたら、不意をつかれるほど面白いので、また買おうか迷ってます。
それで、原作の池田理代子ってどんな人なんだろうと思ってwikiで見たら、ベルばら描いたの24歳なんですね。
衝撃なんですね・・・ですね・・・
あの人間観察眼とか描写力が24歳の妥当な精神年齢だとしたら、比べるのもおこがましいですが、私が24歳の頃なんて、鼻垂れ小僧と同レベルだったです。

24歳といえば、「おじゃる丸」に出てくるツッキーのフィギュアが欲しくてマックでハッピーセット頼んでました。
24歳といえば、近所の古本屋で「ポケットモンスター」のコミックスを買ったら背表紙に幼児の落書きがあって、数回読んで同じ店で売ったところ、翌週、ピアノの生徒(小1)が私が売ったまさにそのコミックスをレッスンに持ってきたので、全く同じ本、読んだよ!!(さすがに心のさけび)ってことで、ポケモンの隠れファンシーキャラ、ピッピについての薀蓄を、小1の女の子相手に本気で語ってました。

精神年齢がここまで出遅れたまま24歳になった背景を考えると、それまでの人生の選択肢がどれもスポイル済みの、出来合いのものにただ乗っただけだという無力感で、自分の意志で生きている感覚が全く無かったんですよね。
だからせめて、自分の意志でできそうなことをやってみようと思って、漫画を描いてみたんですが、漫画、ちっとも自分の意思どおりに動きません。
当たり前ですよね、心が7歳の24歳が、人間を描こうとしているんだから。
 

07:08 | - | - | - | - | - |
2015.05.21 Thursday

もはや断捨離とは言わせない、凄い人々を発見。


「スマートサイジング」という本を読み、
断捨離の上を行く「ミニマリスト」という人々がいることを知りました。

ベッド以外何もない部屋に住む人とか、
(もちろん持ち物はクローゼットの中に入っているのですが、全部合わせてトランクひとつに入る)
夫婦2人で1DKなのに、モノが少ないからスペースが余ってる、とか、
物質社会に背を向ける爽快な価値観。
かっこいい・・・やってみたい・・・

もし自分が好きに家具を処分できるなら、とりあえずこのばかみたいなテレビ(40型くらい?)とビデオデッキをリストラですかね!!
でも自分の部屋は欲しいです。
四畳半でフトンとpc以外は風呂敷包み数個に収まる、
でも本はkindleにないものも多いから、限界があるかも。
などと妄想を膨らませています。
 

21:21 | - | - | - | - | - |

▲top